株式会社古澤製作所

板金加工 レーザー加工から曲げ・溶接・塗装・組立まで

ISO9001/14001

お問合せ

社長挨拶

当社は昭和38年に溶接業として出発し、その後、板金分野を手がけ、建設機械や産業機械などのボディーカバーから機械部品まで、多様な部品を加工するトータルな技術力を蓄積してまいりました。多品種少量生産の時代にフィットした部品メーカーとして、日本でも一流のユーザーに技術を磨かれ、今では厚い信頼をいただいております。

当社の経営理念はあくまでも「顧客第一主義」を貫き、お客様のご要望に忠実に応えられる技術革新を図ることです。「どんな仕事も拒まない営業姿勢」に徹し、お客様に喜んでいただける技術を開発すれば、必然的に当社の躍進にもつながるという思想をもっております。
そのために全社員が「心」をこめて仕事に取り組み、全社一丸となって、あらゆるニーズに応えられる企業体質づくりを進めてまいります。
どのような状況下になろうとも、当社の顧客第一主義の理念は変わりません。営業領域に枠を設けず、先端技術を常に磨き蓄え、これからも新しい工業化社会に対応してまいります。

代表取締役 古澤 慎一

経営理念

「顧客第一主義」を貫き、お客様のご要望に忠実に答えられる
 技術革新を図ることで社会に貢献する。

会社概要

名称株式会社 古澤製作所
所在地〒959-0103
新潟県燕市砂子塚 719-3
TEL : 0256-97-3015
FAX : 0256-98-2103会社写真
役員名代表取締役 古澤 慎一
創業昭和 38 年 8 月
会社設立昭和 45 年 6 月
事業内容物流機器の製造・組立
産業機械、工作機械部品の製造・組立フォークリフト
資本金2,000 万円
社員数46 名

会社沿革

昭和38年8月現会長 古澤 信治、 個人創業開始
昭和45年6月事業拡大にともない、 工場を移転し法人化
昭和58年8月新社屋を現住所へ新設、 移転
昭和63年6月株式会社に組織変更
平成元年2月組立工場新設
平成3年3月レーザー複合機など、 多数の設備を導入
平成5年5月現社長 古澤 慎一 代表取締役就任
平成12年5月AMADA レーザー加工機、 LC2412βIIINT 導入
平成13年2月AMADA レーザー加工機、 FO2412 導入
平成13年6月AMADA 複合加工機、 APELIO255ECO 導入
平成14年7月AMADA NT プレスブレーキ、 FBD1025NT 導入
平成17年2月AMADA NT プレスブレーキ、 FBD8020NT 導入
平成17年3月AMADA NT プレスブレーキ、 HDS1303NT 導入
平成19年5月AMADA レーザー加工機、 FOL3015NT 導入
平成19年8月AMADA タレットパンチプレス、 EM2510 導入
平成22年7月ISO9001 認証取得
平成24年4月Salvagnini パネルベンダー P4Xe 導入
平成25年6月「ものづくり中小企業小規模事業者試作開発等支援補助金」に、弊社事業が採択される
平成25年8月AMADA 複合加工機 LC1212C1NT 導入
平成26年1月AMADA NT プレスブレーキ HD8025 導入
平成29年2月Mazak 縦型マシニングセンタ VCN-530C 導入

お電話でのお問い合わせ0256-97-3015 メールでのお問い合わせお問い合わせフォームへ

s